2011年11月14日月曜日

三日坊主が続けているちょっと環境にやさしいこと

延岡市が、平成21年4月1日からごみの有料化が実施された際、(ごみ減量化の推進ための購入費の一部を補助金として交付する)補助金が改定されたのですが、自分も家庭用生ごみ処理機(電動生ごみ処理機)を家に購入しました。
ごみの分別で、現在は燃えるごみ・燃やさないごみ・古紙・古布(資源物)・びん・缶(資源物)・ペットボトル(資源物)・プラスチック製容器包装(資源物)・粗大ごみに分別し決められた収集日にだしていますが、生ごみ処理機を利用する場合は生ごみを分別して処理します。
寝る前にスイッチを投入すると朝には、カラカラになって、かさが減っています。処理機は乾燥するだけで、堆肥を作る段階のように熟成させるわけではないので、カラカラになったものを今度はコンポストの方に移してから熟成させます。たまにEM菌を混ぜたりしています。
生ごみ処理機は、機械の容量と生ごみの量によって稼働させます。
基本何事にも三日坊主ですが、これだけは2年以上続けており 日課となっています。
(以下は、延岡市のホームページより記載致します。)

【補助金】
  • 家庭用生ごみ処理機(電動生ごみ処理機)の補助金…1世帯あたり1基とし、購入価格の2分の1以内で、1基につき限度額25,000円
  • 家庭用生ごみ処理容器(コンポスト)の補助金…1世帯あたり2基とし、購入価格の3分の2以内で、1基につき限度額6,000円
補助金交付の要件として延岡市に住民票がある人や、適正な維持管理のできる人等々ありますので、要件を満たし、必要な書類(申請書・請求書・市税の完納証明書・領収書・印鑑・振込口座が分かるもの)を揃えて処理機の購入日から1年以内に申請を該当窓口で行ってください。手続きは割と簡単でした。生ごみ処理機とコンポストの両方を購入しましたが、生ごみ処理機のみ補助金を受けられました。コンポストは物の値段が数千円なので、自腹でも仕方ないです。ちなみに生ごみ処理機は5万円以上しました。決して安い買い物では有りませんでしたが、ごみは格段に減量していると思います。)

電動ごみ処理機
電動ごみ処理機にごみを投入したところ

2011年11月7日月曜日

鮎やな現在の様子

鮎やな復活!!
画面手前の堤防の樹などが大雨の爪痕を物語っています。


正直、延岡は何にも無いところですが鮎のシーズンの今はおすすめです。