2013年7月24日水曜日

宮崎市環境部廃棄物対策課から届いた“浄化槽等の使用廃止に伴う適正処理について(お願い)”文書~その2

先の、ページの宮崎市環境部廃棄物対策課から届いた“浄化槽等の使用廃止に伴う適正処理について(お願い)”文書の2枚目と3枚目に付属していた関係法令について、こちらへ掲載させていただきます。(後日、根拠条文を確認する際に必要なためです。)

宮崎市環境部廃棄物対策課から届いた“浄化槽等の使用廃止に伴う適正処理について(お願い)”文書~その1

宮崎市環境部廃棄物対策課長より届いた浄化槽等の使用廃止に伴う適正処理についての文書を抜粋、さらに勝手に要約して、ぱっと見分かりやすくメモとして残します。

どんな時に適用となるか

下水道供用開始に伴い、下水道の接続工事を行うにあたり、使用しなくなった浄化槽等について

適用の例外(残置正当な理由)

  • 他に使用する用途がある場合
  • 撤去することにより家屋等に損害を与える場合

法律

  • 以上2つの場合を除き「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「廃棄物処理法」という。)」に従い、下記のとおり適正に処理しなければなりません。
  • 正当な理由なく浄化槽を残置した場合は、不法投棄として廃棄物処理法の罰則規定が適用される場合が有ります。

管理者(所有者)へ説明が必要な事項

  • 浄化槽等の撤去が必要な旨
  • 清掃等の業務を許可業者に依頼(契約)が必要な旨


以下に、文書より具体的な内容について引用致します。

1廃棄対象となる浄化槽等 

浄化槽:単独処理浄化槽及び合併処理浄化槽本体、浄化槽上流部排水管、放流管、枡、上部スラブ、基礎、支柱等
し尿汲取り:し尿汲取り便槽本体 

2浄化槽等の処理

(1)撤去及び処分

①汚泥の抜き取り又は汲取り後、衛生上、清掃及び消毒等の措置を行うこと。
②上部スラブ、浄化槽又は便槽本体、基礎、支柱、排水管を土中から撤去すること。
③撤去は廃棄物処理法に基づき適正に処理すること。

(2)浄化槽等の汚泥の措置

前項の①については、宮崎市では「し尿汲取り事業」「浄化槽清掃業及び収集運搬業」の許可を得た業者でなければ行うことができません。許可業者は次のとおりです。

3浄化槽使用廃止の届出

廃止する場合は、「浄化槽使用廃止届出書」を提出すること。



2013年3月18日月曜日

水道料金減額対象について

先日、延岡市上下水道局 業務課 営業係より『漏水修理証明書の内容について』の文書が届きました。

「延岡市漏水減額基準要綱」では減額できない内容の証明書が、まれに提出されてくるため、下記の要綱を確認するようにというお願いでした。(漏水減額とは平たく言えば、漏水していて水道料金が跳ね上がった場合に市からお金が戻ってくるという制度です。)
その”下記の要領”の内容より転載します。


  1. 不表現漏水によるもの。(床下、コンクリート床下、壁の中等で発生し客観的に発見が困難であると判断される状態の漏水、及び太陽熱温水器やボイラー等の二次配管による漏水)
  2. 市指定の給水装置工事事業者により漏水修理の完了したもの。
  3. 漏水の起こった装置が設置後1年以上経過していること。
  4. 使用者に過失がないと認められたもの。
従いまして、水道使用者が、一般的な注意を払うことによって当然発見される状態(蛇口(パッキン等)不良やトイレロータンク内のフロート弁不良・凍結による屋外露出配管の破損等)による漏水は、減額の対象外となり、「水道料金等減額申請書」を受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

2013年2月16日土曜日

延岡市新庁舎建設工事入札

結果から言うと当社は落札できませんでした。(450円の差)
入札結果(延岡市公式ホームページより)
それにしても給排水衛生設備工事は、空調に抱き合わせになるのでしょうか?
まさか建築や電気の下ということは考えにくいので・・・
しかし、給排水衛生設備は金額がしれています。
建築が1期だけで30億とか空調と電気がそれぞれ7億ずつというオーダーなのに対して給排水衛生はたったの○億・・・
建築設備の内、電気・空調・給排水の中で給排水が専門の自分としては少し悲しかったです。

>>>>>>結局、やはり空調と抱き合わせに落ち着いたようです。

2013年2月2日土曜日

延岡市新庁舎建設

延岡市新庁舎建設工事は、まるでお祭りの最後の花火です。
それから後は、たいした件名も無くさらに延岡市の建設業は冷え込んでしまうでしょう・・・。
いよいよ入札が2/12日です。
9時~建築、9時半~電気、10時~空調です。
普通ならば10時半~給排水なのでしょうが、諸事情有り 入札が取りやめとなってしまいました。

これから未来に延岡市が羽ばたくために希望や夢のいっぱい詰まった延岡を象徴するような建物となるでしょうから、手抜きや間違いのない施工を一市民としては期待します。
ちなみに、当社も入札に参加します。