2014年10月30日木曜日

宮崎県水資源保全条例、各市町村水資源保全条例

宮崎県水資源保全条例

宮崎県の条例では、平成26年10月1日以降に水源地域内において森林の土地取引を行う場合は”事前届出”が必要となりました。(契約の6週間前まで)
詳しくは、宮崎県ウェブサイト宮崎県水源地域保全条例に係る事前届出制度が始まります!をご参照ください。

各市町村水資源保全条例

届出対象地域の区域の市町村では、さらに市町村水資源保全条例を定めています。申請や届出書類の提出期限等が定められていますので、該当する市町村水資源保全条例を必ず参照のうえ、申請等をおこなってください。また、下記には許可の申請に必要な添付書類等のみ記しましたが、その他の場合に必要な添付書類についても確認してください。(市町村から提出を求められることもあります。)
市町村でも、県の規制の範囲が全体に及ばない場合などは、条例の制定自体の無い市町村もあります。その場合はもちろん井戸を掘ることに対しての規制は無く、水取り放題でOKということです。下記は規制のある場合の市町村について記載しています。

許可の申請

井戸を設置し、地下水を採取しようとする場合には市町村長に事前申請が必要です。また、申請に対する許可の要件も厳しくなっています。(井戸を掘る場合、規制井戸になり申請が必要なのか、非規制井戸で届出なのかは、各条例をご覧の上判断してください。)

許可されてやっと、井戸の工事を始めることができます。条例にそぐわないと不許可となることも有ります。その場合には異議申し立てをすることができます。
下記は、通常求められる添付書類や書類の記入上の注意点等です。
  1. 井戸の位置を示す図面を添付すること。
  2. 井戸の深さ及びストレーナーの位置は、地表からの深さを記入すること。
  3. 電気探査による=~a曲線図又は柱状図を添付すること。
  4. ポンプの図面及び選定図を添付すること。
  5. 地下水のほかに他の水を確保することが困難な理由を付記した書面を添付すること。
  6. 事業者の場合は、事業者の規模、事業計画等を記載した書面について添付すること。

設置の届出


(画像を他サイトにパクられたのでロゴをいれています!)
規制の対象外である井戸を新設する場合にも事前に設置の届出をし、認可を受ける必要があります。

完成の届出

許可又は認可を受けた井戸が完成した時には市町村長に完成の届出が必要です。

変更の許可等

井戸に係る許可又は認可を受けた内容を変更しようとするときは市町村長に届出をし、許可又は認可を受けなければなりません。条例にそぐわないと不許可となることも有ります。その場合には異議申し立てをすることができます。

氏名等の変更の届出

許可を受けた者に氏名、名称、住所及び所在地のいずれかに変更があった時にも市町村長に届出が必要です。

承継の届出

許可を受けた井戸を譲り受けたもの、又は借り受けたものは、市町村長に届出が必要です。

許可の失効等

許可井戸を廃止した時にも市町村長に届出が必要です。また、井戸に必要な処置を講じることも義務付があります。


提出書類ほか

このほかに、市町村長より水資源の保全上必要が有ると認められるときに提出しなければならない井戸使用状況報告書の提出や、市長村長必要な措置を講ずるよう勧告または命令を受けた場合には措置完了の届出が必要です。

恵まれているのがあたりまえじゃない水資源

これまで、地下水くみ上げによる地盤沈下等で規制されていた地域は有りましたが、今回の条例制定で、今まで、いわば水取り放題だった無法地帯がいきなり厳しい取締がされるようになったわけです。井戸から採取できる地球の恵みと比べると大した手間では無いでしょう・・・。
ロゴ入れ前の画像
この条例は私たちの生活や未来を守る大変重要なものです。遵守しましょう。

森を守ることは水を守ること等と言われるように、日本の国土の保全という面だけではなく、生活に欠かせない水資源を守るということが私たちの未来のためにどれほど大切なことであるかこの国に住む私たちももう一度考えなければなりません。
水はタダでは有りませんし、このままでは知らぬ間に水に不自由する生活になってしまうかもしれません。
井戸から水を採取するということは地球からの恵みをいただいているということです。そのことに感謝し、貴重な水を使うことはもちろんのこと、地球への恩返しがなにかできることはないか考えて、実践していくことも重要です。
何か問題が有って、その後にそれを取り締まる決まりができます。この条例がまだ手遅れになっていないことを祈ります。

秀逸な分かり易いサイトのご紹介

自分が分かり易い!!と思ったのは、宮崎県小林市公式サイト”水資源保全条例(様式集)”です。
条例も参照できる上に書式も利用して、各市町村に合うように加工できるので、とても助かりました。

2014年10月23日木曜日

延岡市の浄化槽設置整備事業(補助金)

浄化槽設置整備事業(補助金)

2015年度から浄化槽の補助金が大幅に変更になるようですのでご注意ください!!
要件や金額は、変更となりますのでご注意ください。
下記の記事は過去のもの・・・とお考えください。

要件(旧制度2014年度迄)

延岡市で専用住宅または居住面積が1/2以上の併用型住宅に浄化槽を設置するものに対して工事に要する費用の一部を助成する。
(対象地域等要件あり)市税の滞納の無いこと。

工事施工者

知事の登録を受けたもの

助成金額(旧制度2014年度迄)

工事の規模に関わらず一定金額
(国の補助対象基準額と同じ)※10人槽まで

  •   5人槽:332,000円
  •   7人槽:414,000円
  • 10人槽:548,000

2014年10月14日火曜日

困った時に電話等で解決できる方法

ここのところ、(宮崎県延岡市の、のどかな場所にある)会社からとても工事に出向くのが難しい地区の方々からご質問をいただいたり、助言がほしいと言われたりしております。
そもそも工事屋であることから、対応地区としては基本的に延岡市内、門川町若しくは周辺地区です。せめて宮崎県内・・・。(井戸や消防は、大分県等でも実績は有ります。)
それ以外の地区だと条件が合わない限りなかなか難しいと思われます。
電話等で相談に乗ってくれる機関があるので、お知らせいたします。

  • 主に一般のお客様向け(電話)
リフォームばかりでなく新築の住宅についてのお困りのお客様(特に県外のお客様)には、国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの電話相談窓口(住まいるダイヤル)をおすすめします。
月曜から金曜日(休日、年末年始を除く)の午前10時から午後5時までの間
電話番号は、0570-016-100(ナビダイヤル)
  • 主に、専門家向け(掲示板)
建築設備についての疑問や質問は、【建築設備フォーラム】の会議室にて質問なさると、全国の優秀な技術者の皆様が力を貸してくれるかもしれません。
  ・・・ので、お奨めいたします。アドレスは http://www.setsubi-forum.jp/ です。