2015年8月24日月曜日

裏が銀色のアルミ付紙容器の回収 “テトラパックリサイクル便”

自分は、賞味期限が長く、開封前なら常温で数か月間保存が可能な豆乳や、果汁などをよく飲んでいます。
資源物に通常の牛乳パックなどは出すことが可能ですが、裏が銀色のアルミのついたテトラパックは対象外なので、きれいに洗ってずっと可燃物に出していました。
何とかならないかと日頃から思っていました。何気にパックを見ていたら、“テトラパックリサイクル便”が紹介されていて、ある日アクセスしてみたら送料がかからずに引き取ってくれるとのことだったので、早速会員登録しました。
数日経って、専用の袋が送られてきました。クロネコヤマトのメール便を利用するものでした。
ご承知のとおりメール便は廃止されていますが、9月まで特定受取人払いに限り利用できるそうで、今日利用しましたが普通に使えました。(ただ、集荷の際オペレーターが全く分かっていないらしく、着払いでメール便を送ることはできませんだとか言われました。)
厚さ2㎝まで大丈夫とのことで、1リットルのパックなら10枚分だそうです。

申しめば、たたみ方などのコツまで知らせるチラシなども一緒に届くので、それで確認してください。ちなみに、会社まで集荷をお願いしていたので、なぜだか0円の領収書と一緒に未収計算書の控えももらって、それによると送料486円と書いてありました。想像していたより送料は高いと感じました。
(専用の封筒なら、私たちの負担は0円です。)
もっとたくさんの人がこの取組に協力してくれれば、経費も少なくなるのではないかと思います。
この取組には参加すれば何か報酬がもらえるというわけではありませんが、私たちはテトラパックのおかげで長期保存可能という恩恵を受けているので、こんなことでも協力したいと思います。
  • 豆乳やジュース好きの人にはもちろん
  • 何か小さなことからでも実施したいけれど何をしていいかわからない人や
  • 可燃ごみを減らしたい人などに・・・
おすすめします。まずは、テトラパックリサイクル便のサイトにアクセスしてメンバー登録をしてみてください。
専用の封筒に記載されているメッセージをご紹介します。
“皆さまの地球環境への思いやりの心を乗せて、確実に製紙原料として、再生紙メーカーへお届けします。”
せっかく段取りして集荷を頼んでも担当のオペレーターによっては、この取組のことを全く理解しておらず不愉快な思いをすることもあろうかと思いますが、 めげずに活動を推進してもらえればと思います。
ちなみに10月からはゆうパックの利用となるそうです。